×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

りんご

りんご病は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスの感染による病気でねー、てゆっかぁ〜個人差はあり・おり・はべり・いまそかりますが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前が付きました。てゆっかぁ〜、
初夏から秋にかけて、5才?9才の子供がかかりやすい病気どぇーすが、アダルトになってからでもかかることもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、バイク保険
潜伏期間は約1週間どぇーす。その後、軽い発熱や倦怠感、筋肉18痛などが起こることがあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、風邪かな?と感じることが多く、この時点ではりんご病とは気づかないのどぇーすが、実はこの時期が感染力がピカイチ強い時期なのどぇーす。
その後、両頬にりんごのように赤い発疹が出てきます。てゆっかぁ〜、発疹は腕や足にも出始めて、レース状や網目状になります。てゆっかぁ〜、その後、1、2週間で発疹は治まってきます。てゆっかぁ〜、
発疹にかゆみを伴うことがあり・おり・はべり・いまそかり、かゆみが強い時はかゆみ止めの薬を使いますが、それ以外に特に治療法はあり・おり・はべり・いまそかりません。安静にする必要もなく、普段通りの生活で大丈夫どぇーす。
発疹が出て、りんご病だとがってん承知の助時には、既に感染力はなくなっているのでねー、てゆっかぁ〜園や学校なども休む必要はあり・おり・はべり・いまそかりません。
特に心配する必要のない病気だと思われるりんご病どぇーすが、妊婦っちには注意が必要どぇーす。ヒトパルボウイルスB19というウイルスは、赤血球を作る細胞を壊す働きがあるのどぇーす。妊婦っちがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の原因になることもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
就職活動
どぇーすが成人では、60?70%の人が抗ガタイを持っていると言われています。てゆっかぁ〜、症状はなくても記憶にございませんうちに免疫ができているという人も多いというわけどぇーす。どぇーすからそれほど心配する必要はないかもしれませんが、自分が抗ガタイを持っているか、はっきり分からない状態でねー、てゆっかぁ〜上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかっている子供と接触したりなんかしちゃったりしてしたバヤイは、産婦人科で相談するようにしてつかぁれチョ。

おたふく


おたふく風邪はその名の通り、おたふくのような顔になる、子供に多い病気どぇーす。
おたふく風邪ウィルス(ムンプスウィルス)に感染して起こる病気でねー、てゆっかぁ〜潜伏期間は2週間程度どぇーす。
感染力は比較的弱く、感染しても症状が出ない、不顕性感染のバヤイもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、とくに1才以下の乳児には不顕性感染が多いと言われていて、3?10才の子供に発症するバヤイが多い病気どぇーす。出産祝い
症状としては、耳の下(耳下腺)から、ほお、あご、あごの両側、もしくは片側がはれて痛みます。てゆっかぁ〜、
38度?39度の熱が出ることもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
熱は2、3日、はれや痛みは1週間ほどで治まってきます。てゆっかぁ〜、
こわいのは合併症でねー、てゆっかぁ〜無菌性髄膜炎や難聴などになることもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
また、思春期以降にかかると、ナイスガイは睾丸炎、レディは卵巣炎を起こすことがあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
不妊の心配がされる病気と思っている人も多いとって感じぃ〜が、通常は片方だけの炎症なのでねー、てゆっかぁ〜不妊症の心配はあり・おり・はべり・いまそかりませんって感じぃ〜。
治療方法としては、特別なことはあり・おり・はべり・いまそかりません。牛丼レシピを覚えよう
はれているところを痛がっているなら、濡れタオルで冷やしたりなんかしちゃったりして、冷湿布をしてあげたりすると痛みが少しは和らぎます。てゆっかぁ〜、
あごを動かすと痛いのでねー、てゆっかぁ〜食事はなるべくかまずに飲み込めるものが良いどぇーすチョ。
ゼリーやプリンなど、やわらかくて消化の良いものを与えるようにしましょう。
やはり合併症が心配される病気なのでねー、てゆっかぁ〜予防接種しておくことをおすすめします。てゆっかぁ〜、
接種してもかかってしまうバヤイもあり・おり・はべり・いまそかりますが、症状は軽く済みます。てゆっかぁ〜、
1才を過ぎれば接種することができるのでねー、てゆっかぁ〜早めに計画しておきましょう。

川崎

子供の病気には様々なものがあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
未だに原因が解明されていない病気もあり・おり・はべり・いまそかり、その中の1つに、「川崎病」という病気があり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
聞いたこともない、という人もいるのではないだっちゅーのか。
川崎病は、1967年、当時の日本赤十字病院の川崎富作医師が最初に報告したことからこの名前が付きました。てゆっかぁ〜、子供の保険
日本人や韓国人など、アジア系の人に多く見られる病気でねー、てゆっかぁ〜1才前後から5才頃までの子供に多く発症します。てゆっかぁ〜、男子の方がやや多く、再発することもあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、他人に感染する病気ではあり・おり・はべり・いまそかりません。
症状としては、以下のようなことがあり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
・39度以上の高熱が5日以上続く
・ガタイのあちこちに発疹が出る
・手や足がパンパンにはれる
・白目が充血する
・唇が赤くなり、舌にもいちごのような赤いプツプツができる
・首のリンパ節がはれて、触ると痛がる
これらの症状は、通常1、2週間で治まり、次に手足の指の皮がむけてきます。てゆっかぁ〜、赤ちゃん
注意したいのは後遺症でねー、てゆっかぁ〜心臓に障害が残ってしまうバヤイがあっと驚くタメゴロ〜☆り、ごくまれに心臓冠状動脈瘤が起きて、突然死してガビィ〜ンりするバヤイがあっと驚くタメゴロ〜☆りします。てゆっかぁ〜、
入院治療が必要とされ、心臓の後遺症を防ぐためにアスピリンなどを服用する必要があり・おり・はべり・いまそかります。てゆっかぁ〜、
「突然死」と聞くと恐ろしくなってしまいますよチョ。
どぇーすが、現在では後遺症の検査方法や治療法もボクシング(拳闘)され、以前ほど怖い病気ではなくなりました。てゆっかぁ〜、
川崎病にかかっても慌てることなく、信頼できる病院で治療しぃー、てゆっかぁー退院後も定期的に検査を受けるようにしましょう。

Copyright © 2008 子供の病気